▶この記事が気に入ったらシェアお願いします

広島の神ってる舞台『赤魂』!!

第6回広島本大賞受賞の『エンジェルボール』(作:飛騨俊吾)が

舞台になって広島で上演されます

門田大地さんが演出!!

門田大地さんといえば、「ラジオの恋」「ヒナゴン」などの映画を手掛け

TVプロデューサーとしては「週刊ぱぱたいむ」や「KENJIN」

イベントプロデューサーとしては

ひろしまフードフェスティバル」

「奥田民生ひとり股旅@旧市民球場」

などを手がける名プロデューサーなのです。

なんと東京国際映画祭に作品を出しベスト16に選ばれたそうです。

そんな門田さんが手がける今回の舞台『赤魂』のあらすじ↓

トラック運転手をしながら小学生の息子二人と広島県因島で暮らすバツイチ41歳の寺谷和章。

彼はある夜、交通事故に見舞われ、目の前に現れた謎の天使に

“思いのままに飛んでいく魔球”を授かる。

和章は「カープを日本一にする」という子供の頃の夢を叶えようと、

広島カープの入団テストを受けに行くが……。

家族とそれを取り巻く人間模様を通して、男の選択と生き様を描く長編エンターテインメント。

キャストには広島で活躍中の方もいらっしゃいます。

広島を盛り上げる舞台です。

広島東洋カープのファンならばカープの試合を見るだけではなく

カープと名がつくもの

広島を盛り上げるものは全部を網羅しますよね(笑)

ドレスコードはカープグッズ!!

カープグッズを持って観戦ではな、鑑賞してください!!

チケットはこちらです。

門田さんと優子社長は先日の広島楽しい100人でお会いしました。

門田さんも登壇されたことがあるそうで、

今回は広島楽しい100人でこの舞台の告知をされました。

告知とは別に優子社長がものすごく興味をもった話がありました。

「広島楽しい100人に登壇すると運がつくみたいで

登壇した後に東京国際映画祭に出品して、ベスト16になりました。

この広島楽しい100人に登壇者としても、

観覧者としてきても、いつも良いことが起こって

今回は告知をさせてもらえることになりました」

素晴らしいですよね!!!!!!!

優子社長も登壇したの期待です(笑)

舞台は4日間で全5回ありますので、いずれかの日に是非ご覧ください。

広島楽しい100人で運がついた

門田さんの演出する舞台

運の連鎖が引き継がれています。

広島楽しい100人はこちらです。

次は1月開催です。

せっかく広島であるのですから、自分へのお年玉に

1月は舞台『赤魂』も『広島楽しい100人』も行ってくださいね★

生で見る、生の声を聞くというのは本当に素敵なことですよね。

舞台は一度きり!
同じ物語でも、人間が演じるのですから
もう二度と同じ舞台は見れません。
奇跡の1回をご覧ください